葬儀にかかる費用 | 故人を偲びながら葬儀の準備を進めていくために
冠婚葬祭の問題を 
葬儀社に相談しよ

葬儀にかかる費用

家族や親族は、突然天国に旅立ってしまうことがあります。
そういったときに、葬儀を行いますが、急な出費になるため費用がどの程度かかるのか不安になってしまいます。
葬儀には、主に3つの費用が必要になってきます。
葬儀本体費用・寺院費用・飲食接待費用が必要になり、この3つの合計金額が実際に必要となる葬儀費用と呼ばれるものです。
事前に提示してもらう見積もり書では、ほとんどのところで葬儀本体費用のみの記載となっています。
見積もり書の金額が、葬儀にかかる総合計金額ではないことを知っておく必要があります。
葬儀社によって、コースやプランを用意しているところもありますが、そこに記載されている金額に関しても基本料金と考えるべきでしょう。

葬儀は出費のみと捉えられがちですが、香典によるお返しがあることも理解しておきましょう。
香典は、線香の代わりに仏前にお供えするものという意味が込められていて、基本は仏式のときの礼法となります。
ですが、近年ではどの形・種類であっても、香典は故人を悼む・お悔やみの心を表すものとして、通夜か葬式のときに持っていくものになっています。
葬儀費用に関しては、このお返しから支出分を差し引いた金額という計算になります。
大規模だから費用を抑えられるというわけでもなく、このお返しと支出のバランスによって、実費として出す費用が変わってくるのです。
香典の金額は関係によっても違いますが、ある程度の目安や相場があるので、始めから概算することは可能です。